誕生日には誕生花のプリザーブドフラワーを

季節の移り変わりによって色を変える樹と花たちですがその季節を演出する方法としてもプリザーブドフラワーはとても最適です。贈る相手へのギフト演出はもちろんその人の誕生日に合わせた花を選択することでより相手に喜んでもらうことが出来ます。


○プリザーブドフラワー自体は季節を選ばない○

生花は咲く時期が決まっているため季節によって贈ることが出来る花とそうでない花が生まれてしまいます。だからこそ季節を演出することが出来るという利点もありますが、誕生日の演出として誕生花を選びたいという方にはおすすめ出来ない方法です。
いわゆる誕生花というのはその季節を代表する花だからというイメージがありますが全てが全てそうである訳ではありません。誕生花は一年分存在しており季節によって花が咲きやすい時期とそうではない時期があるため一概にその季節に咲く花だからとは言えないのです。


○ギフトに季節感を足すことで現在の時間が深まる○

誕生花を誕生日の季節に手に入れるのは至難の業であるということを理解して頂いたと思います。そこで利用して頂きたいものがプリザーブドフラワーです。採集した時にすぐ加工を施し半永久的にその状態を保つことが出来るプリザーブドフラワーだからこそ生花と違い誕生花を手に入れることが可能になるのです。

相手のことを想って用意した誕生日のギフトにより誕生日らしさをプラスするためにもプリザーブドフラワーを用いた誕生花の演出を施してみましょう。

花言葉でプリザーブドフラワーにメッセージ性をプラス

花にはそれぞれ花言葉という言葉を与えられており、花によっては複数言葉を持っているものもあればたった一つのみを抱くものもあります。花のもつ意味を組み合わせることにより相手へメッセージを贈るという方法の起源自体は曖昧ですがとても古い時代から存在しているのです。

そこで今回はそんな歴史ある花言葉をプリザーブドフラワーで応用しメッセージカードとしてギフトに添える方法をご紹介致します。


○花言葉は詩人から始まった○

花言葉自体の起源についてはあまり詳細に語られていませんがフランス貴族の風習から発生した慣習とされています。庭園をこよなく愛するフランスの貴族たちは自分の庭に植える花を花言葉と共に決めたり相手への気持ちを花に込めたりしました。その花が持つ言葉自体は19世紀を生きた詩人たちが作ったとされ、その花の香りや色や形などから連想したイメージをそのまま言葉で表したものをそのまま花の持つ言葉として伝えました。


○プリザーブドフラワーでメッセージを贈る○

詩を贈るという文化は日本ではあまり身近ではなく内向的で外見を気にする民族としては相手への気持ちより恥ずかしさが先に出てしまうため、改めて詩を贈ったりメッセージを贈ったりする方は少ないのが現状です。しかし相手への感謝や好意を相手に伝えるためにはやはり言葉を伝えるというのが一番確実な方法です。でもやはり気恥ずかしくてそんなことは出来ない、そんな方にプリザーブドフラワーはとてもおすすめのメッセージを贈る方法なのです。

ちなみにギフトを用意する一番多い目的である感謝の言葉を持っている花は以下の通りとなります。

【感謝が花言葉である花たち】
・カスミソウ
・カーネーション
・ダリア

カスミソウは生花のブーケにもよく利用されている花で細かく枝分かれした細い枝部分と細かく咲いた白い花が特徴です。プリザーブドフラワーでもとても多く用いられているため簡単に入手することが出来ます。カーネーションは母の日に贈られる花としてとても有名ですね、花言葉を見るだけで何故母の日に選ばれたのかその意味が手にとるようにわかります。ダリアについてはあまり馴染みのない方が多いと思いますがキク科で様々な色がありゴージャスな雰囲気を演出してくれる花です。

プリザーブドフラワーは生花と違い長く持たせるための薬品を使用した商品ですが、花言葉自体がなくなってしまった訳ではありません。それぞれの花が持つ言葉を永遠の想いとして相手に伝えることが出来るという意味では生花よりメッセージ性が強いと言えます。自分が用意したギフトと共に伝えたいメッセージを持つプリザーブドフラワーを添えて言葉も一緒に相手に贈りましょう。

プリザーブドフラワーで紙袋を彩る方法

プリザーブドフラワーは様々な形に花を加工してその色合いや質感を楽しむことが出来るものです。今回はそんなプリザーブドフラワーを利用してギフトを入れた紙袋を飾る方法についてご紹介致します。


○ミニブーケタイプを紙袋に添える○

インターネット上のお店を見ると小さなタイプのプリザーブドフラワーがとても多くあります。その中でとても手をつけやすいものとしておすすめのタイプがミニブーケタイプのデザインです。ギフトが入っている紙袋の大きさに合わせたミニブーケを入れておくだけでそのプレゼントを開けるまでにワンクッション入れた演出を行うことが可能です。特に男性が贈る彼女へのプレゼントにとてつもない効果を発揮します。


○個別のプリザーブドフラワーもある○

ただミニブーケを入れるだけではなく紙袋自体を彩る方法もあります。園芸ショップや手芸ショップではバラ売りのプリザーブドフラワーを置いているため、バラバラで買った花たちをリボンと共に結ぶという方法もとてもおすすめです。ブランド物の紙袋にオリジナリティを出すことも可能なのでより相手を喜ばせることが出来ます。

ギフトに高額なものを要求する方もいるにはいますがやはりどのくらい相手のために手間をかけたかというところが一番重要です。安くてもただ買っただけではなくひと手間加えることでより一層相手へ気持ちが伝わりやすくなるのです。

贈り物を更に思い出深くするプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーそのものをギフトとして贈る方はとても沢山いらっしゃいますし、実際にインターネット上でも注文が多いプレゼントとしても注目されています。しかしただ花を贈るだけではなく本当に相手が喜ぶアイテムにそっと添えるという方法もとてもおすすめのプリザーブドフラワー利用法なのです。


○小さいものから大きいものまで選べるプリザーブドフラワー○

インテリアとして壁に飾ったりテーブルの中央に置いたりする場合には多きくアレンジされたカゴに入ったタイプや額に入ったものがとても人気の高いものとなっています。しかしメインの贈り物がある場合にはその姿を薄めないように少し小さ目の花がとても人気を集めています。大きさを自由に変えてアレンジ出来るプリザーブドフラワーだからこそ出来る技の1つです。


○プレゼントの相方としてどこにでも利用出来る○

ただブーケとして渡すだけではなく贈り物を入れるための袋に入れられるクリアケース入りの花もあるため食べ物と一緒に渡しても衛生の面で安心です。特に現在は性別に関係なく甘いものが好きだという方がとても増えているため、スイーツと共に可愛いお花を添えてプレゼントするという方法もおすすめです。贈りたいものをより華やかにする花たちで思い出深い演出をしてみましょう。